不妊治療の中には、薬を使う治療と使わない治療法があります。薬を使わずに治療できればそれがベストと感じる人も多いでしょうが、薬を使わない不妊治療は果たしてちゃんと効果があるのでしょうか。また、どのような治療法があるのでしょうか。

薬を使わなくていい単一胚移植

不妊治療を扱う病院は多いですが、その中には、薬を使わずに行ってくれるところもあります。例えば単一胚移植を方針とする病院があります。これは体外受精した卵を、一つだけお腹に戻す方法です。

タイミング法は苦痛がなくコストも安い

不妊治療と言えば、
・人工授精
・タイミング法
・体外受精
などが代表的ですが、この中で一番コストがかからない方法と言えば、タイミング法です。

体外受精は一番妊娠率が高まりますが、健康保険の適用外になってしまうので、コストもどうしても高くなってしまいます。

この中でタイミング療法は、コストが比較的安く、薬も使わず体への負担も少ないので、このやり方で妊娠できればそれが一番いいと考える人が多いでしょう。

苦痛を伴う不妊治療は負担が大きい

不妊治療を行っていても、なかなか子供を授からないご夫婦もいらっしゃいます。

その治療法が苦痛を伴う治療法であれば、尚更期間が長引く程体への負担も大きくなってしまいますよね。特に毎回麻酔を使うような治療は心配です。

しかし病院によっては、麻酔を使わなくても痛みが少ない治療ができる病院もあります。細い針を使った高い技術で治療してくれるので、不妊治療といってもほとんど痛みを感じずに済むのです。