自然妊娠を促すには、「タイミング」が重要です。いつ性行為をするかによっても、妊娠の確率が大きく変わってくるからです。

排卵前に性行為するのと排卵後にするのとでは、妊娠率に差が出てきます。
不妊のご夫婦は、このタイミングを見計らって性行為をする事で、不妊を克服する事もできるのです。

まずは基礎体温からタイミングを予測する

不妊治療に適したタイミングを探っていくためにも、「排卵日」が鍵を握ります。

排卵日の直前に病院を受診し、超音波の検査で卵胞の大きさを確認してもらいます。
そしてより的確な排卵日を出してもらうのです。

場合によっては、尿検査や血液検査で黄体化ホルモンの分泌をチェックする事もあります。

排卵日前後に性行為するのがベスト?

不妊治療では、ドクターが予想した排卵日頃に性行為をするといいと言われています。

決められた日に性行為をしなければいけないというのは、夫婦にとってはプレッシャーに感じてしまうかもしれませんが、不妊治療の中では最もお手軽にできる方法で、妊娠率を高める事ができる効果的な方法です。

このタイミングで性行為をしていても効果がなかった場合、他の不妊治療の方法が必要になります。

病院でのタイミング療法について

不妊治療の一つであるタイミング療法は、医師が性行為の日を指定する方法で、基本的には保険適用が効く治療です。
しかし排卵日を予測するために行う超音波検査は、月に一回までしか保険適用されず、それ以外は自己負担となるので気をつけましょう。

タイミング療法は、不妊治療の中でもコストが抑えられる方法ですが、繰り返していれば当然費用はそれだけかかってしまいます。