最近は不妊治療を受ける人も多いですが、一番いいのは「子供が欲しい!」と望んだ時から妊娠しやすい環境を作っておく事です。

妊娠しやすい環境が整っていれば、不妊治療を受ける間もなく、スムーズに妊娠できるようになるでしょう。それでは、妊娠しやすい環境とはどのようなものなのでしょうか。

自分もたばこを吸わない、喫煙者が周りにいない環境

妊娠を望んでいるのであれば、せめて妊活中はタバコはやめておいた方がいいでしょう。

タバコの煙は妊娠を望んでいる人の体にとってリスクが高いです。

タバコは血管を収縮させてしまい、意外にも体を冷やします。体が冷えてしまうと、卵巣や子宮の機能も低下するだけでなくホルモンバランスも乱れてしまうので、妊娠しやすい環境とは遠ざかってしまいます。

あなたがたとえタバコを吸わなくても、周りにたばこを吸う人がいる時でも同じです。
パートナーや家族にも協力をしてもらい、夫婦で妊娠しやすい環境作りをしていきましょう。

まだ妊娠していないのであれば、周りにも理解してもらい、煙草の煙を避けるようにしましょう。

体を大事にしすぎるのもダメだった?適度な運動も必要です

運動せずに体を大事にするというのは、間違った方法です。むしろ適度な運動をした方が、体を大事にしている事になります。

妊娠を望んでいるなら、ストレスや血行改善にも役立つウォーキングなどの有酸素運動がおすすめです。

電車を使わず1~2駅分歩いてみるだけでも体にいいです。激しい運動をする必要はありませんが、適度な運動であれば、むしろ血流もよくなって、妊娠しやすい体作りができます。